スティーブ・ジョブズ氏、アップル社CEOを辞任ー

Picture-2

スティーブ・ジョブズ氏、アップル社CEOを辞任ー

「1984」を生んだコピーライターの手記

8月24日(水)にスティーブ・ジョブズ氏がアップルの社長を退くとニュースが流れた。以前から病状が思わしくないことが話題にはなっていたが、体力の限界がその理由だった。アメリカのアドエイジは、無名のアップルを一躍有名にしたあの歴史的なCM「1984」をつくったコピーライター、スティーブ・ヘイデン氏の手記を掲載した。

ヘイデン氏は、シャイアット/デイにアップルの仕事が舞い込んだ頃のことを回想。その経緯やジョブズ氏との最初の印象的な会話、そして「1984」提案前夜のジェイ・シャイアット氏とのインターナルミーティングでの葛藤を短い文章でまとめている。このあたりは、プレゼン前夜に深夜までもがき苦しむクリエイティブの人間としてはもっと聞いてみたい内容である。

ジョブズ氏は、短気で気が変わりやすく、完璧主義。しかも、IQレベルが凡人とはかけ離れて高い。そして、ヘイデン氏の人生のなかで、アップルの仕事は挑戦の連続であったと締めくくっている。

 

 

多くのクリエーターが憧れの眼差しでMacやiPhoneの広告活動を見てきたが、それが世に出るまでには恐らく想像をこえた壮絶な戦いが繰り広げられていたに違いない。

原文はこちらから。http://bit.ly/pbmAzc(アドエイジへの登録が必要かもしれません)

ワイズアンドパートナーズ エクゼクティブ・クリエイティブディレクター 結城喜宣

Share Button
No Comments

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)