LAホテル業界に広まるエコフレンドリー志向

s1

今回は、ロサンゼルスの観光業についてお話ししたいと思います。Ys and Partnersが位置する南カリフォルニアは、全米を代表する観光地の一つです。ロサンゼルスにはハリウッド、サンタモニカ、ビバリーヒルズなどの有名な観光地や綺麗なビーチが多く、毎年多くの観光客が訪れます。2014年には計442万人もの観光客が訪れたといわれています。さらにその経済規模は8.9億ドルにも達し、68万人もの雇用を創出しました。

 

深刻化する環境問題

そんな観光業で盛り上るロサンゼルスですが、近年環境問題が深刻化しています。中でも干ばつによる水不足はここ10年で大きな問題となっています。干ばつは植物の枯渇や、農作物の不作問題にもつながってきています。農産業が盛んなカリフォルニアでは、水不足による農産業の経済損失は、今後27億4千万ドルにものぼると予測されています。

環境問題が悪化する中、その深刻さを喚起し、改善しようというソーシャルグッドを実践している業界があります。ホテル業界です。

 

LAホテル業界に広がる「エコフレンドリー」志向

ロサンゼルスは全米有数の観光地であり、数え切れないほどのホテルがあります。そのロサンゼルスエリアのホテルでは近年「エコフレンドリー」志向が広がってきているのです。「Green Seal™」や「LEED」という環境問題改善に取り組んでいるホテルに送られる認定資格もあり、認定をうけているホテルの数は年々増えていっています。なかにはヒルトン系列やハイアット系列等の大手も含まれています。

その中で今回紹介するのは、サンタモニカに位置する、他のホテルとは一風変わったShore Hotelです。

 

Shore Hotel Santa Monica

s2

Shore Hotelはサンタモニカのビーチ沿いに位置するホテルです。2011年にサンタモニカに建設され、その洗練されたデザインとサービス、そして環境への取り組みが話題を呼び、一躍人気ホテルとなりました。彼らの環境への取り組みは徹底されていて、「LEED Gold Certification」という環境配慮ホテルのみに認定される資格を持っています。では具体的にどのような取り組みがなされているのか見ていきましょう。

 

エコな素材の使用

Shore-Hotel-Gensler-4

このShore Hotel、実は建設時の段階からすでにたくさんの環境への配慮がなされています。

建物全体に使われている素材の50%は、他の建物にに使われいた素材や産業廃棄物をリサイクルして作ったものです。また使われている木はすべて、持続可能性を実現した(サステナブルな)森林の木々を使っています。彼らはできる限り環境に負荷がかからない素材を建物に使用したのです。

さらにそれらの素材はすべてLow VOC素材でもあります。普通の素材は太陽光を浴びて蒸発すると、温暖化につながる公害物質が発生されるといわれています。しかしこのLow VOC素材は、その公害物質がほとんど発生しません。なので建物は建設後も環境へ無害であり続けることが出来ます。彼らが長い目で環境配慮の取り組みを考えているのがわかります。

またそれらの素材の10%はホテルの周囲800キロ以内から取り寄せ、素材運送時に発生するトラック等からの温室効果ガスの削減にも努めました。

 

太陽光を利用し電力消費を最小限に

shore-hotel

ホテルにはガラスが多く使われています。これは単にデザイン性を良くするだけではなく、太陽光をホテル内に出来るだけ多く取り込むためでもあります。これにより照明の使用をなるべく抑えることができ、電力の消費量を最小限にしています。

 

水不足への配慮

shore-hotel-bathroom-577x355sc8fi83makwc3usg

ホテルの設備にも抜かりはありません。Shore Hotelのシャワーやトイレなどの水回りはすべて最小限の水圧に抑えられています。さらにこの水圧はすべて最先端のコントロールシステムで管理されていて、宿泊人数などの状況に応じて、水圧を最適のレベルに設定してくれます。これによって宿泊客に水圧が弱すぎるというストレスを与えずに、ホテルは無駄のない水の管理を実現しています。

 

再生利用可能アメニティ

34050599

部屋内のアメニティにも環境への配慮がなされています。室内に置かれているコップは全てプラスティック製であり、再生利用が可能です。廃棄を最小限にする取り組みがここでも徹底されています。

このShore Hotel以外にもロサンゼルスには20を超える、環境配慮型のホテルがあります。それらのホテルは、観光客から多くの支持を受け、多くの宿泊客でにぎわっています。

「快適さ」「サービス」「立地」等だけではなく、「環境配慮」というソーシャルグッドも観光客がホテルに求めるひとつの大きな事柄になってきているのです。

皆様もロサンゼルスエリアに来られる際には、是非「エコフレンドリー」であるホテルに宿泊してみてはいかがでしょうか。

この情報は、Ys and Partners米国オフィスのAAE (Assistant Account Executive)、Ryoがお届けしました。

 

店舗Info
Shore Hotel Santa Monica
1515 Ocean Ave, Santa Monica, CA 90401
公式HP:http://www.shorehotel.com/

 


Social Good Companyを目指して
Ys and PartnersではDog Rescue Projectを行っています。
詳しくはホームページをご覧ください。


 

参考記事
http://www.latimes.com/business/la-fi-los-angeles-california-tourism-2014-20150505-story.html
https://mail.google.com/mail/u/0/#inbox
http://www.discoverlosangeles.com/press-releases/la-tourism-board-announces-record-tourism-and-visitor-spending-during-national-travel
http://jp.discoverlosangeles.com/blog/los-angeles-hotels-go-green-eco-friendly-features
http://www.gensler.com/projects/shore-hotel
http://www.myboutiquehotel.com/en/boutique-hotels-los-angeles/shore-hotel-santa-monica.html
http://www.bustler.net/index.php/article/winners_of_the_2012_design_is_awards/
https://www.tripadvisor.fr/LocationPhotoDirectLink-g33052-d2257239-i142265222-Shore_Hotel-Santa_Monica_California.html
http://inhabitat.com/genslers-shore-hotel-is-a-leed-gold-green-respite-on-the-beach-in-santa-monica/
http://www.shorehotel.com/Gallery

Share Button
No Comments

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)