CES現地レポート(5) スタートアップ企業

IMG_5540

CES2日目はスタートアップ系企業のプロダクトを中心に見ています。

1つのホールが専用に設けられていて、各国の小さなブースが所狭しと2000社近く出展しています。

ブースの前を通るだけで次々に声をかけられ、大企業の重厚感のあるブースとはまた違った、スタートアップならではの熱気が感じられる活気溢れる空間でした。

その中で気になった製品をピックアップいたしました。

 

KEECKER社/ KEECKER

フランスのスタートアップ系企業KEECKER社が「Home Pod」というコンセプトで開発した製品です。

KEECKER

プロジェクター/サウンド/ゲーム/インターネット/室内の温度管理/セキュリティ機能などが搭載されたもので、ころんとした愛らしい外観とカートゥーンキャラクターのように、家の中を所狭しと走り回る様がとても可愛らしい製品です。

IMG_5541_3

技術的な目新しさというよりも、それまでになかったコンセプトとデザインに心惹かれました。
また、使う人が愛着を感じられるような見た目や動きが素晴らしいなと思いました。

product-wireless_2

ブースでは、やって来た人々がKEECKERのかわいらしい動きを暖かい目で見守る、という微笑ましい光景があり、まるで家族やペットのような存在感を感じさせる家電、というのに目新しさを感じました。

IMG_5537_2

 

Marbotic社 / Smart Letters

子供向けのスマートトイも多数展示されていました。

こちらもフランスのMarbotic社の製品。タブレットをつかった、アルファベットと算数の学習キットです。

IMG_5549_2

木でできた、数字やアルファベットのブロックをタブレットに置くと単語や数を読み上げてくれる、というもの。

photo-original

おもわず使いたくなる、プロダクトやアプリのデザイン、サウンドエフェクトのの可愛らしさに心惹かれました。

2社ともフランスの製品のご紹介でしたが、フランス企業のブースはおもわず使いたくなるような佇まいや見た目の製品が数多く見受けられました。日本だと、ともすると技術優先になりがちな製品開発も、コンセプトやデザインを非常に重視して開発されているのが伝わってきました。

私たちワイズアンドパートナーズのもう1つのミッションとして、世界の良いものを日本で有名にする、というものがあります。今後も私のブログでは、日本ではまだ知られていないプロダクトやサービス、そしてカルチャーを北米から発信していきたいと思います。

この情報は、Ys and Partners米国オフィスのInteractive Designer、Marthaがお届けしました!

 

Share Button
No Comments

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)