SXSW現地から:ダイバーシティが与えるビジネスへのインパクト

DiversityFirstbyDaileyLA

SXSWは、会期内に800以上という、他に類をみないほどのコンファレンスとフェスティバルがある、Music、Film、Interactiveの各業界を横断したイベントである。

そのなかの一つに、Diversity Firstをうたったコンファレンスがあった。『How Diversity Became Our Implicit Bias(多様性がどのように暗黙の偏見をうんだか?)』というタイトルで、これはアメリカのホワイトメンズクラブと言われているアドエージェンシーに対して揶揄されたものである。

多様性があれば、エージェンシーはもっと効果的で有益であるはずだ、といった提言からはじまったこのコンファレンスではあるが、4名のスピーカーはいずれもDaileyというLAの独立系のエージェンシーのパートナーたちで、中心のスピーカーはシニアの白人男子であり、他の3名は見た目で判断すれば、白人女性、黒人男性、アジア系女性であった。

ちなみにDaileyは、2017年2月にインターパブリックグループから抜け出て、再度独立系となったLAのエージェンシーである。

コンファレンスルームに入ると、椅子の上にカードが置いてあり、そこにはたとえば「全ての白人男性がリードする広告代理店は、同一性をテーマにしたクリエイティビティを賞賛している」とか「マーケティング業界のわずか22%の人々が、黒人かアジア人、ラテン系と認識されている」と書かれている。

まさにホワイトメンズクラブへの痛烈な批判である。

なかでも、もっとも興味深かったのは、「多様性のあるマネジメントチームはもつとお金を稼ぐことができる」というもので、リーダーシップを取る者たちが多角的な視点をもつべきだと説いている。

翻って、私たちワイズアンドパートナーズは、日米ともに、まだ大きなマネジメントチームを持つまでには至ってないが、多様性のあるチームをつくりあげてきている。

会社のメンバーの75%が外国人か海外居住経験者であり、50%強が女性である。また、アメリカでは、さまざまな人種の専門家をパートナーにもっている。

これからも私たちはDiversity Firstでいく。

ワイズアンドパートナーズ代表 結城喜宣


「日本のブランドを世界で有名にする」という使命を共に担えるメンバーを募集中!

Ys and Partners(本社カリフォルニア州アーバイン市)では、2002年から「日本のブランドを世界で有名にする」を使命に、これまで50社以上の大手日系企業に、マーケティング領域のなかでも、米国向けの製品開発、販路開拓、PRやプロモーションのご支援をしてきました。日本オフィス(東京と横浜)では、北米進出や海外からのインバウンド観光客集客の支援をしています。

採用のページはこちらから→ https://ysandpartners.com/jp/career/


 

写真のカードとコピーはDailey LAのものです。Dailey LA:https://www.daileyla.com/

 

Share Button
No Comments

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)