大量に廃棄される食品と飢えに苦しむ子どもたちの間で。

Noblog_HateWaste_shutterstock_1099146518

今週、健康博覧会に出展されるクライアントが、兵庫県の宝塚市から訪ねて来られた。

健康博覧会は、1月23日〜25日まで東京ビッグサイトで開催される国内最大の健康産業

ビジネストレードショーである。(参考ページ:http://www.this.ne.jp/)

 

その食品メーカーの社長とは話が弾み、フードロスの社会問題にまで話が及んだ。

毎日、大量に廃棄される食品と飢えに苦しむ子どもたち。単純に考えたら、賞味期限

が切れる前になんとか寄付する方法はないのか? という想いがわいてくる。

 

突然、東京オフィスのプロジェクトマネージャーのM.Fさんがシェアしてくれた話を

思い出した。なぜ日本では慈善活動が少ないのか、と彼女は言った。「世界寄付指数

ランキングでも日本は139カ国中111位。上位にはアメリカやカナダの他に、発展途上

国がランクインしています。悲しい現実です」。

 

彼女はアメリカの大学を出て、ワイズアンドパートナーズの米国オフィスにインターン

として入社後、正式採用となり、その後、日本に戻って東京オフィスで働いてくれて

いる人だから、アメリカと日本のカルチャー差を肌で感じている。

 

しかし、なぜ日本には慈善活動が少ないのか?の問いには簡単に答えられそうにない。

「アメリカはGo Fund Meのような募金活動は当たり前のように行われているし、

臓器提供者も多い。現に昨年、アメリカでは200人ほどが心臓移植で助かっている。

ホームレス支援団体も多いし、何かと人助けをしているのです」と彼女。

 

一方、日本では募金活動を行っただけで、自分で金を稼げとバッシングを受けることも

多く、昨年は10人ほどしか心臓移植ができていないのだと言う。

「ただ各地で震災が起こった時や24時間TVなどに限っては、みんなチャリティー意識

が高まるのです。それはなぜでしょう?」彼女の疑問は深まるばかりだ。

 

飢えに苦しむ子どもたちの目前で、大量に廃棄される食品たち。

賞味期限が切れる前に寄付することができれば、それが最善の策だということだけは

誰もがわかっている。

 

この社会問題は、わたしたちマーケッターへの挑戦でもある。

 

ワイズアンドパートナーズ代表 結城喜宣

 


アメリカでビジネスを成功させる

Ys and Partners(本社カリフォルニア州アーバイン市)では、2002年から「日本のブランドを世界で有名にする」を使命に、これまで50社以上の大手日系企業様に、マーケティング領域のなかでも、米国向けの製品開発、販路開拓、PRやプロモーションのご支援をして参りました。日本オフィス(東京と横浜)では、北米に進出されるお客様に初回無料コンサルテーションをご提供しています。この機会にぜひお問い合わせください。

海外からの観光客集客のために、英語でブログを書いて世界に発信することのお手伝いもしています!

お問い合わせページはこちらです→ https://ysandpartners.com/jp/contact/

Share Button
1Comment
  • Akinori Inoue
    Posted at 16:28h, 25 January Reply

    日本ではホームレスなどのセーフティーネットは行政などの公的機関がするもの、という暗黙知的なものが染み付いてしまっているからでしょうか?健康も基本は健康保険が充実しているので、そちらでケアすべきという。。一方地震など天災は昔から皆に起こる可能性があるので、協力するべきというDNAがあるのか。。。

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)