その人には一度しか会えない と思え?

Noblog_Marketer and Distributor Meeting

日曜の午前9時。まだ誰もいないカフェ。

アメリカのサッカーママなら、すでに子供たちのスポーツ観戦に出かけている時間帯。

ミレニアル層なら、まだベッドのなかだろうか?

二人の女性が議論している。

一人は市場戦略の専門家。もう一人は販路開拓の専門家である。

二人は、日本のある有名なお茶のビッグプロジェクトを進めている。

「何度もチャンスがあると思わないでほしいの」と販路の専門家が言う。

相手の質問には、調査結果をもとにその場で答えなければならないわ。

アメリカのビザの面接を思い出した。弁護士チームから示されたリストを見て

20年近く前まで遡って、片っ端から書類を集めなければならなかった。

チャンスは一度。

ひとつでも書類が不足していれば、次にいつ面接の機会を得られるかはわからない。

「会議後にメールで補足資料を送るなんてやり方はもっての他よ」と彼女が続ける。

大手スーパーマーケットの担当者が、3日後に私たちのメールを見て思い出して、

それでもって資料をダウンロードしてくれるなんて期待できると思う?

毎回、アメリカのさまざまなマーケティングの専門家と話す機会があるが、

この国でのビジネスマナーは「人の時間を無駄にするな」

そして必ずや「即決」である。

このカルチャーの違いを、わたしたちは理解しなければならない。

>

会議はきっちり2時間で終わったが、新しいプロジェクトにまで話がおよび、

十分な進展と双方に満足感があった。

この勢いで進みたいものだ。

>

ワイズアンドパートナーズ代表 結城喜宣


アメリカでビジネスを成功させる

Ys and Partners(本社カリフォルニア州アーバイン市)では、2002年から「日本のブランドを世界で有名にする」を使命に、これまで50社以上の大手日系企業様に、マーケティング領域のなかでも、米国向けの製品開発、販路開拓、PRやプロモーションのご支援をして参りました。日本オフィス(東京と横浜)では、北米に進出されるお客様に初回無料コンサルテーションをご提供しています。この機会にぜひお問い合わせください。

お問い合わせページはこちらです→ https://ysandpartners.com/jp/contact/

Share Button
No Comments

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)