主人は「のぶログ」ファンですって、ありがとう!

Noblog-Cheers-shutterstock_1065851969

 

「主人は、のぶログのファン。1/24のコスメの話と1/26のアリの話が良かった、

だそうです。がんばってくださいね〜」と、うちの経理のMKさんから嬉しい

メールをもらった。彼女は私たちのチームにとって心強いゴールキーパーであり、

家庭では二児の賢いママである。

 

今年の1月1日にはじめた「のぶログ」だが、公にファンですと言われたのは

これが初めてだったから、MKさんのご主人は「のぶログ」のファン第2号。

将来、もし感謝祭をやるとしたら真っ先にご招待させていただきたい(笑笑)。

ちなみにファン第一号は他でもない私である。

 

MKさんは仕事でぼやいたのを聞いたことがない。本当に思慮深く一語一語を

しっかりと選んで話す女性だ。しかし、そんな彼女も子供たちのことになると

ぼやく。面白いようにぼやく。今日はそんな彼女のぼやきを紹介したい。

 

「我が家の小4の息子は、我が家においては、独特の性格。顔も面倒くさい

ところもパパそっくりですが、パパが完璧主義なのに、息子はえらくいい加減。

パパは、掃除でもなんでも順序立てて、完璧にキレイにまとめようとします。

でも、息子は、なんに関しても合格点+1点で満足できる子です。合格できれば

万事OK。たしかに、そのとおり!!!」

しかし、MKさんのぼやきはここからが本番。

 

「でも、そんな風に勉強したり、スポーツをしたことがない両親から見ると、

不思議でたまりません。精一杯がんばった結果、合格してた、ではないのです。

でも、それがどんなレベルであろうと、合格したら満足できる息子って、幸せ

なのかも。それもありなのかもしれない、と思ったり。見えない完璧を追い求

めて切羽詰まっている主人は幸せなのか?家族みんなの幸せを願うばかりです」

 

こうして最後まで何回か読んでみると、なんだかちびまる子ちゃんのアニメを

見ているような気にさえなってきた。「家族っていいよねぇ」ってまる子が

最後にしみじみ言う、笑いあり涙ありのホームドラマ。子供はあっと言う間に

大きくなっちゃうから、今の時間を楽しんでもらいたいなと思う。

 

ブログを応援してもらっているから言うわけではないが、私もこの息子さんを

応援したい。ママはいろいろと言うかもしれないが、ま、自分流にいこうよと。

もちろんご主人も(笑笑)もちろんママもね。

 

アメリカで日本のテレビを見ていたら、オリエンタルラジオの藤森慎吾さんが

フルマラソンに挑戦していた。その途中で足が攣ってリタイアしそうになって

いたところ、そこを元マラソン選手の高橋尚子さんが通りかかり、彼女の大声援

によってなんとか走り抜いたというシーンがあった。

 

ブログもホームドラマもなんだかフルマラソンに似ているぞ、と思う。ほんと、

皆のあたたかい声援があればこそ走り続けられるのだと思う。

Cheers!

 

 

ワイズアンドパートナーズ代表 結城喜宣

 


 
アメリカでビジネスを成功させる

Ys and Partners(本社カリフォルニア州アーバイン市)では、2002年から「日本のブランドを世界で有名にする」を使命に、これまで50社以上の大手日系企業に、マーケティング領域のなかでも、米国向けの製品開発、販路開拓、PRやプロモーションのご支援をしてきました。日本オフィス(東京と横浜)では、北米進出を計画中の方々に初回無料コンサルテーションを実施しています。

お問い合わせページはこちらから→ https://ysandpartners.com/jp/contact/

 

Share Button
No Comments

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)