Real ID Driver Licenseとは?アメリカの運転免許証が変わる

Noblog-Stop-shutterstock_11738911

 

1月はわたしの誕生日月。ちょうど今年はアメリカでドライバーズライセンスの更新

がある。DMV(Department of Motor Vehicles)という州の機関から、Renewal

Noticeという封筒が届くのだが、今年はなんだかフォームが騒々しい。

 

“STOP”という真っ赤な交通標識がデザインされている。誰も見逃させい大きさで、

それは止まれと訴えかけてくる。よく読みもしないアメリカ人に対しては十分な配慮

である。で、その横には、Immediate Attention(即時注意)と書いてある。

 

簡単に翻訳すると「2020年1月から、連邦政府に対応するカード(パスポート、軍隊

の身分証明書、Real ID Driver Licenseが国内便に搭乗する際や、連邦政府の建物

に入る際に必要になる。 DMVはこのREAL ID driver license と ID cardを2018年

1月月からオファーしている。最寄りのDMVに来られよ」という内容である。

 

つまり、わたしがこれまで持っていたドライバーズライセンスでは、国内線には乗れ

なくなるし、移民局にも入ることはできないということのようである。しかし、わたし

はDMVには行っている暇がないだろうと、早朝から長蛇の列をなすあの忌々しい光景を

思い出して思った。というより諦めた。

 

次回、国内線に搭乗する際に、このことを思い出す羽目になることだけは避けたいと

今からわたしなりにありそうな光景を想像し、ぞっとしている。

 

明日のわたしに:国内でもパスポートを忘れずに。

 

ワイズアンドパートナーズ代表 結城喜宣

 


 
アメリカでビジネスを成功させる

Ys and Partners(本社カリフォルニア州アーバイン市)では、2002年から「日本のブランドを世界で有名にする」を使命に、これまで50社以上の大手日系企業に、マーケティング領域のなかでも、米国向けの製品開発、販路開拓、PRやプロモーションのご支援をしてきました。日本オフィス(東京と横浜)では、北米を目指すクライアントに初回無料コンサルテーションをご提供しています。

お問い合わせページはこちら→ https://ysandpartners.com/jp/contact/

 

Share Button
No Comments

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)