玄関にring(リング)を付けた!

ring home security

家の玄関にring(リング)を付けた。

正確に言うと、わたしの知らぬ間に娘によってringが付けられていた。

ringのポジショニングは、Smart Home Security(スマートホームセキュリティ)。

我が家もAlexaに続き、スマートホームの流れに乗っかってるってことだろうか?

やや気恥ずかしくなる響きだ。

どんなベネフィットがあるのだろうと考えていたら、今朝のニュースで変質者が

映し出されていたのだが、その映像がこのring経由のものらしかった。

夜中に玄関先でなぜか古いインターフォンを舐め回す変質者。

それを映し出す新しいテクノロジー、ringという対比。

まるでこの製品のPR動画のようではないか。

もし自分が外出先にいて、玄関にいる変質者の情報をあらかじめスマホでキャッチ

できてたとしたら、そのベネフィットはとてつもないものだとすぐに理解できた。

他にもいろんな機能があるらしい。

「ほら、ringを付けると、近所のどの家にringが付いているかわかるんだよ」と娘。

スマホの地図を見たら結構な数のユーザーがいるではないか。

「皆が付けてくれたら、猫が逃げた時にも困らないかもね」

そういえば、わたしが留守中に二匹の猫が逃げ出して、

娘がご近所さんの扉をノックして回った話を思い出した。

モーションセンサーが近所を彷徨っている猫を捉えてくれたら、

家の周りをうろちょろしてる痩せたコヨーテに食べられるリスクも減るというわけだ。

「もし誰かが訪ねて来たとして、ring越しに返事をしたからといって、

家のなかに人がいるとは限らないんだよ」と娘。

居留守ではなく、居るようにみせる留守とでも言えば良いか。

社会問題が複雑化している時代の申し子のような製品が、次々に生み出されている。

次は、我が家にどんな製品がやってくるのだろうか? 少し楽しみになってきた。

ワイズアンドパートナーズ代表 結城喜宣


アメリカでビジネスを成功させる

Ys and Partners(本社カリフォルニア州アーバイン市)では、2002年から「日本のブランドを世界で有名にする」を使命に、これまで50社以上の大手日系企業様に、マーケティング領域のなかでも、米国向けの製品開発、販路開拓、PRやプロモーションのご支援をして参りました。日本オフィス(東京と横浜)では、北米に進出されるお客様に初回無料コンサルテーションをご提供しています。この機会にぜひお問い合わせください。

お問い合わせページはこちらです→ https://ysandpartners.com/jp/contact/

 

 

 

Share Button
No Comments

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)